パーソナルジムではたんぱく質を多く摂取して糖質をあまり摂らないように指導されることが多いです。

ここでは高たんぱく質と糖質制限の目的を解説していきます。

なぜ高たんぱく質と糖質制限を勧めるのか理解できれば、モチベーションも上がるでしょう。

筋肉量をアップさせるにはたんぱく質が必要

筋トレに励んでいても、なかなか筋肉が付かない人も多いです。

筋トレのやり方が良くないのか、筋トレをする時間が少なすぎるのか悩むでしょう。

しかし、筋肉を付けるために必要なことは筋トレだけではありません。

なかなか筋肉が付かないため、パーソナルジムに入会して、専門のトレーナーに指導を受けてみると、高たんぱく質の食事を勧められます。

高たんぱくの食事

高たんぱく質の主な目的は、筋肉量をアップさせるためです。

筋肉はたんぱく質を原料として作られます。筋トレをしたときに、筋肉は多少のダメージを受けますが、その後に修復します。

修復の際使われるのがたんぱく質です。

 

通常通りの食事をしていれば、筋肉の修復に必要なたんぱく質は確保されるため、修復できないことはほぼありません。

しかし、筋肉量をアップさせたいのであれば、修復するのに必要なたんぱく質に加えてさらにたんぱく質が必要です。

たんぱく質が足りないと、筋肉の修復はできても増やすことはできないでしょう。

 

筋トレを十分にしていて筋肉量が思うようにアップしない人は、たんぱく質が足りない可能性が高いです。

そのため、パーソナルジムのトレーナーは、高たんぱく質の食事を推奨しています。

糖質制限!トレーナーの狙いは、体脂肪を減らすため

糖質と聞くとごはんやパン、麺類などの炭水化物をイメージするでしょう。

他に果物やスイーツなどにも多くの糖質が含まれます。

糖質制限

糖質は身体を動かすエネルギー源として、重要な役割を果たしていますが、エネルギーとして消費されなかった分は脂肪として身体に蓄えられます。

それがどんどん積み重なっていくのが肥満です。

肥満は健康に良くない影響を与え、外見的にも不格好です。

 

肥満を解消したくて筋トレをしている人も多いでしょう。

そのため、パーソナルジムでは糖質制限を推奨していることが多いです。

理想のボディに近づくには、まず体脂肪を減少させなければなりません。

 

糖質の摂取量がエネルギーとして消費される分よりも少ないと、脂肪として身体に蓄えられている分が使われます。

短期間で体脂肪を減らすのは難しいですが、糖質制限を続けていれば少しずつ体脂肪が減っていくでしょう。

脂肪が少なくなった状態で筋肉量が増えれば非常に逞しく格好良い肉体になれます。

最低限の糖質は摂らなければならない

パーソナルジムでトレーナーから糖質制限を勧められると、ごはんやパンなどの炭水化物をほとんど食べなくなる人もいます。

糖質制限と聞いて、糖質を極力摂らないことと受け取ってしまう人が多いです。

主食の代わりにタンパク質が豊富な肉類をこれまでより多く食べる人もいるでしょう。

炭水化物

しかし、糖質制限を徹底しすぎると健康へ悪影響を与えてしまう可能性が高いです。

糖質は、人間が生きていく上で必要な栄養素であり、最低限必要な糖質はきちんと摂る必要があります。

 

人間はエネルギーの大半を糖質から得ており、筋肉を合成するのにも糖質が必要です。

タンパク質だけ多く摂取しても、筋肉量を増やすのは難しいでしょう。

通常1日に必要な糖質の量はご飯を茶碗で4杯分です。

主食以外からも糖質を摂取できるため、1日3食でちょうど良い量になります。

 

パーソナルトレーニングでも最初は、極力糖質を抑えた食事指導をしますが、ある程度身体が慣れてくると、1日お茶碗一杯分の糖質を摂るようアドバイスされます。

糖質制限をする場合でも、茶碗一杯分程度は摂取するようにしましょう。

健康を維持しながら、効率良く筋肉量を増やせます。

おわりに

ダイエットとして筋トレをする際には、筋肉を作る主原料であるたんぱく質を多く摂取し、体脂肪を減らすため糖質制限を行います。

高たんぱく質の食事を続けるのは、きついと感じる人はあまりいないでしょう。

しかし、糖質制限は辛く感じるかも知れません。

それでも目的が理解できれば続けられる人は多いです。

また、糖質制限は極端にやり過ぎないように注意し、パーソナルジムのトレーナーの指示に従って正しい方法で行いましょう。

おすすめの記事