パーソナルジムに入会するときには、高額な初期費用を支払うことになります。スポーツクラブなどと比較すると、その負担は重いもの。だからこそ、さまざまな不安も胸をよぎることでしょう。

もしも結果が出なかったら……」「ジムが途中で閉店しまったら?」など、入会前に知っておきたいポイントと、リスク回避の方法を教えます。

 

パーソナルジムで結果が出なかったら……と不安なときには

パーソナルジムでは、そのジムに所属しているトレーナーと二人三脚でトレーニングを進めていくことになります。食事制限や運動の内容など……その方針はジムによってさまざまです。

自分に合っている方法」を採用しているジムを選べば、短期間でも優れた効果を実感できることでしょう。しかし反対に、「自分に合わない方法」を採用しているジムを選んでしまうと、「残念ながら結果が出ない」ということにもなりかねません。

スポーツジム

このような場合に備えて、パーソナルジムの中には「返金保証」を用意しているところがあります。結果が出なかったときには、入会金や手数料などが返金される仕組みになっていますから、安心してスタートできることでしょう。

返金制度の仕組みは、ジムによって異なりますから、あらかじめ条件をチェックしておきましょう。

24/7workout

・トレーナーの言う通りに実践しても痩せなかった場合
・30日以内に申し出る必要あり
・全ての料金を返金(入会金除く)

ライザップ

・結果やシステムに納得できなかった場合
・30日以内に申し出る必要あり
・全ての料金を返金(入会金除く)

es three

・専属トレーナーの指導を厳守したにも関わらず、ダイエット効果が数値に表れなかった場合
・30日以内に申し出る必要あり
・全ての料金を返金(入会金除く)

ほとんどのジムでは、「結果が出なかった場合に返金」という制度を採用しています。とはいえ専属トレーナーは指導のプロ。またパーソナルジムで行われるメニューは、数々の経験に基づいたものです。

返金保証は、「結果が出ないときの保険として」というよりも、「それぞれのジムの自信を表すと共に、入会する方の不安軽減のため」に用意されている制度だと言えるでしょう。

 

パーソナルジムが途中で閉店してしまったら……と不安なときには

パーソナルジムでの基本のメニューは、2ヶ月で完了します。ジムに入会した会員は、自身の予定と合わせて定められた回数分のトレーニングをこなしていくことになります。

わずか2ヶ月という期間ですが、費用が高額な分「もし自分が通っている間に閉店してしまったら……」と考えるのは当然のことです。事前にチェックしておくと安心できます。

ジムの閉店

ジムの中には、「未消化分に合わせて、返金する」などのシステムを用意しているところもあります。この場合は費用負担面での不安はないと言えるでしょう。とはいえ、せっかくスタートしたトレーニングが中途半端に終了してしまうことになり、不完全燃焼感は残ってしまうかもしれません。

このような場合には、全国に多くの店舗を展開する大手パーソナルジムを選択するのがオススメです。このようなジムであれば、「自宅から近い○○店」が閉店しても、「職場から近い△△店」で振替トレーニングを行うことが可能となります。

 

契約前の事前確認が重要

痩せないときの返金ルール」や「閉店時の対応」などは、ジムによっても差が大きいポイントの一つです。入会した後には、基本的に所属するパーソナルジムのルールに沿って行動することになります。

ジムの契約

だからこそ重要なのは、契約前にそれぞれのパーソナルジムのルールをきちんとチェックしておくことです。「もしも結果が出なかったら?」「パーソナルジムが閉店しまったら?」などのネガティブな疑問を、パーソナルジム側にぶつけることをためらう方も多いかもしれません。しかしジム側がきちんと回答してくれれば、不安も解消できることでしょう。

またネガティブな質問に対してパーソナルジム側がどう対応するのかによって、顧客対応力をチェックすることもできます。

 

まとめ

パーソナルジムを安心して利用するためには、入会前に不安を解消しておくのがベストです。

現在は、顧客が安心して利用できるよう、さまざまな工夫を凝らすパーソナルジムも増えてきていますから、ぜひそれぞれの特徴も踏まえて選んでみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事